相続登記相談:名古屋市の司法書士リーガルコンパス

名古屋近郊の相続登記など相続手続を支援する愛知県名古屋市東区の司法書士事務所

TEL 052-937-5185
遺産を相続できる人は誰?

遺産を相続できる人は誰?

 

法律では、相続の権利を持つ人と相続する権利の割合が決められています(民法第900条)。

 

● 法定相続人とは

相続する権利を有する人を「法定相続人」といいます。

法定相続人になり得る人は、次のとおりです。

(1)亡くなった人に子供(直系卑属)がいれば、子供(直系卑属)が法定相続人となります。

(2)子供がいない場合、父母(直系尊属)が存命であれば、父母(直系尊属)が法定相続人になります。

(3)子供、両親がいない場合は、兄弟姉妹が法定相続人が法定相続人です。

※ 配偶者は常に法定相続人となります。

 

● 法定相続分とは

相続する権利の割合を「法定相続分」といいます。

法定相続分は、次のとおりです。

(1)配偶者と被相続人の子供が相続人    ⇒ 配偶者2分の1、子供2分の1

(2)配偶者と被相続人の父母が相続人    ⇒ 配偶者3分の2、父母3分の2

(3)配偶者と被相続人の兄弟姉妹が相続人  ⇒ 配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1

※ 子供、父母、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。

 

houteisouzoku

 

相続登記など相続手続に関する問題を解決いたします!

お気軽にお問い合わせください。

contact

名古屋近郊の相続登記など相続手続を支援する司法書士事務所リーガルコンパス(名古屋市東区)