名古屋市の司法書士|名古屋近郊の相続遺言,会社設立,登記手続の相談支援事務所

私がお手伝いいたします
鈴木 雅勝 鈴木 雅勝
(すずき まさかつ)
愛知県司法書士会所属
(登録番号第1208号)
簡裁訴訟代理関係業務認定
(認定番号第318153号)
bg
プロフィールはこちら
理念・方針はこちら
お問い合わせリスト
会社設立のお問い合わせはこちら
債務整理のお問い合わせはこちら
相続・遺言・その他業務全般のお問い合わせはこちら

会社設立、債務整理、相続・遺言に関するお悩みを解決します。司法書士事務所 リーガルコンパス〒461-0003 名古屋市東区筒井三丁目26番10号
リム.ファーストビル4C


TEL/052-937-5185
営業時間
平日 9:00〜19:30
※土・日・祝祭日対応可(要予約)

業務対応エリア

●名古屋市内全域
(東区・千種区・名東区・守山区・緑区・昭和区・瑞穂区・天白区・北区・中村区・中区・西区・中川区・熱田区・南区・港区)
●愛知県全域
●岐阜県全域
●三重県全域
※上記以外の地域でも、ご相談・ご依頼を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

BRAIN LINK




土・日・祝祭日対応可(要予約)   初回相談無料


»



司法書士に相談するメリットは?

手間と時間をかけずに問題を解決

司法書士の業務分野に関するご相談であれば、専門家としての経験と知見を生かすことができるため、時間と手間についてお客様のご負担を最小限に留め、スピーディーに問題を解決することが期待できます。

専門家を紹介

日常生活における様々な問題について、何をどの専門家に相談すれば良いのか分からない場合が少なくありません。
仮に、ご相談内容が司法書士の専門分野以外である場合には、ご希望に応じて適切な専門家をご紹介いたします(紹介料などは必要ありませんので、ご安心ください)。
日頃、ご依頼の業務に対応するにあたって、弁護士・税理士・行政書士・土地家屋調査士等、他の分野の専門家と連携して問題解決に取り組むことは多く、 また、構成メンバーが国家資格者(専門士業)のみとする交流会や研修会にも積極的に参加しているため、一般の方よりも国家資格者(専門士業)と関わる機会は多いと言えます。
ご相談者の抱えているお悩みを解決すべく、「水先案内人」となります。


秘密厳守なので安心

おひとりであれこれ悩んでいても解決が難しい問題が、誰か(他の人)に相談することで問題点が整理されるケースは少なくありません。
「誰かに相談したいが、相談相手が見つからない(分からない)…」
相談内容や問題の性質によっては、身近な方だからこそかえって相談し辛いことあると思います。
そのような場合には、司法書士にご相談ください。
司法書士には職務上知りえた他人の秘密・情報を他に漏らしてはならないという「守秘義務」が課せられていますので、安心してご相談いただけます。



司法書士には何をお願できるの?

司法書士は、他人の依頼を受けて、裁判所や検察庁、法務局に提出する書類を作成する仕事や、登記手続についてご本人を代わって(代理して)行う仕事をしています。
また、法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所が管轄する民事事件を、ご本人を代わって(代理して)行う仕事をしています。

●司法書士の仕事(司法書士法第3条)
  ・不動産登記、商業・法人登記、供託に関する手続の代理
  ・裁判所、検察庁、法務局に提出する書類の作成
  ・法務局の長に対する登記又は供託に関する審査請求の手続の代理
  ・簡易裁判所の訴訟手続の代理等(訴額140万円以下)
  ・上記に関する相談に応ずること


このように列挙すると非常に分かりづらいかもしれませんが、身近な法律・法務に関する問題で、紛争が未だ顕在化していないものに関しては幅広くご相談が可能です。

司法書士は身近な法律家として、皆さまのお役に立つことができます。
身の回りの法律問題で困ったときは、ぜひお気軽に司法書士にご相談ください。


弊事務所 取扱業務の詳細につきましては、下記【詳しくはこちら】をご覧ください。


行政書士や税理士は、司法書士のように登記できないの?

行政書士や税理士が、司法書士のようにお客様に代わって登記手続を行うことは、法律で禁止されています。

●司法書士法第73条(非司法書士等の取締り)
1.司法書士会に入会している司法書士又は司法書士法人でない者(協会を除く。)は、第3条第1項第一号から第五号までに規定する業務を行つてはならない。ただし、他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。
2.協会は、その業務の範囲を超えて、第3条第1項第一号から第五号までに規定する業務を行つてはならない。
3.司法書士でない者は、司法書士又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。
4.司法書士法人でない者は、司法書士法人又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。
5.協会でない者は、公共嘱託登記司法書士協会又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。



司法書士でない者が司法書士業務を行うことは非司法書士(司法書士法第73条違反)に抵触し、司法書士法違反として処罰されますのでご注意ください。

司法書士事務所リーガルコンパス
461-0003 愛知県名古屋市東区筒井3丁目26番10号 リム.ファーストビル4C   TEL/052-937-5185  FAX/052-937-5186 Google+
 遺産相続